L
まだありそう、投資家がヒヤッとする場面

 債券はアベノミクスが成功か大失敗すれば値下がりし、中途半端に終われば値上がりする。買いか売りか――債券の投資家は政策の成否をめぐって思いが千々に乱れている。この点、株式投資はスタンスを固めやすい。一連の政策が奏功し、実体経済にも火が付いてデフレを葬り去れると考えるのならば「買い」、しょせんは株式や土地が一時的に値上がりするだけで、実体経済は湿ったままだと考えるのならば、半身の構えであろう。米国経済が勢いを失いやすい夏場を迎え、投資環境の再点検が求められる。

 今週に入り、株式の投資環境には黄信号がともっている。15日発表の中国の1〜3月期実質国内総生産(GDP)が前年同期比7.7%増と市場の事前予想を下回り、金相場は先週末から今週初に掛けてフリーフォール(自由落下)状態。米ボストンではマラソン大会のゴール付近で爆弾テロが起き、ニューヨーク・ダウ工業株30種平均は全米住宅建設業協会(NAHB)が発表した4月の住宅市場指数が予想に反して3月を下回ったのを受け、265ドル安と今年最大の下げを記録した。

 16日午前は日経平均株価が一時、1万3000円割れすれすれの水準まで下げた。それが午後の取引では前日比高に転じる場面もあり、終値でも54円安と、意外な底堅さを示した。連日、従業員に大入り袋を配っているという四国の証券会社では「外貨建て資産を組み入れた商品が円安で値上がりしたため、売却して株式に資金を振り向ける顧客が多い」そうだ。「何だかんだあっても、少なくとも7月までは相場が持ちそうな気がする」と営業担当役員が話していた。


TPP、カナダとも車個別交渉
 日本の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加が決まった。交渉参加11カ国のうち日本の交渉参加承認が最後になったカナダから、米国と同様に自動車関税をTPP本交渉と並行して協議することで何とか合意を取り付けた。各国との事前協議では自動車分野での譲歩が目立った。自由貿易の利点を生かすためにも本交渉では攻めへの転換が課題になる。

日銀金融緩和  山伸ブログより引用
2013 年 4 月 22 日 by ヤマモト
きのうは株式講演会(FP研究所主催)が文京シビックセンターで朝10時からと、午後1時半からのダブルヘッダーでやったので、疲れ果てた。いつもは毎月最終日曜日の午後の1回だけだから、休日気分でやれるのだが、さすがにきのうのダブルヘッダーで懲りた。

とは言うものの、きのう取り上げた銘柄(ノンバンク、含み資産株がほとんど)は今日、ストップ高2銘柄を含めて値上がりランキング上位に入ったものが多いので、参加者にとってはいい講演会だったのかもしれない。次回は4月26日モーニングスター社主催の講演会となるが、ゴールデンウィーク中の相場をどう読むか。そこがポイントになる。

ストップ高したのはイー・ギャランティ(8771)とJトラスト(8508)。Jトラは3560円で寄り付き、10時過ぎに3465円まで売られたのだが、後場になって様相が一変して、3時過ぎに700円ストップ高の4140円と年初来高値を一気に更新した。大引けは660円高の4100円だった。Jトラについては先月の講演会で目標株価を1万円としたのだが、意外に早く達成してしまうかもしれない。

神奈川中央交通(9081)も一時ストップ高目前の99円高、741円まで買われたが、大引けは75円高の717円。ほかに藤田観光(9722)も14%高の552円と急伸している。

これまで注目銘柄に挙げてきたよみうりランド(9671)は今日、ついに4桁に乗せて引けた。このように、有力な含み資産株は軒並み水準訂正してきており、あまり短期で利食わないでじっくり持っていた方が高パフォーマンスが得られるような気がする。ノンバンクについても同じだ。

日銀の異次元緩和の猛威 PART4
北朝鮮のミサイル騒動が15日の金日成生誕記念日で終わったかと思いきや、今度はボストンマラソンでの爆発事件、さらにはそれと同時に起きた金や銀をはじめとする商品相場の大暴落を受けて、きのうの株式相場は世界的に急落した。

しかし、まだ爆発事件がテロかどうかもわからない中で、きのうのNYダウは157ドル高と急伸、今日の日経平均も161円高と急反発して終わった。去年までなら、日経平均は3日連続で3桁の下げになりそうな悪材料が一気に噴出したわけだが、わずか1日で大きく切り返すところを見ると、それだけ猛烈な押し目買い圧力が存在するということだろう。

今日大きく買われたのは、マザーズやジャスダックのIT関連やバイオ関連などで、要は先物やオプションなどとの裁定取引ができないうえに、空売りも入らない一方通行の銘柄が急伸している。中でも、ソフトバンクのTOBによる子会社化が決まっているガンホー(3765)が7万円ストップ高買い気配となり、分割修正後の年初来高値を大幅に更新したのが目立った。

来週から決算発表シーズンに入ることもあり、しばらくは値動きの軽い新興市場株や小型材料株の一本釣りが続くと見ていいだろう。当ブログお馴染みの銘柄としては今日、小型材料株のイー・ギャランティ(8771)が8.6%上昇して東証一部値上がり上位に食い込んでいる。ほかに私がよく取り上げる銘柄では、FPG(7148)やドワンゴ(3715)、長谷工(8808)がランキング上位に入っている。

そんなわけで、今週はこれといって人気を集めそうなセクターが思い浮かばない。順張りで個別に材料が出た銘柄についていくか、IT関連や小型の証券(いちよし証券など)、ノンバンク(NECキャピタルやイー・ギャランティなど)、含み資産株あたりの押し目を狙うのが無難だろう。

日銀の異次元緩和の猛威 PART3
北朝鮮のミサイル騒動に加えて、14日の淡路島の大地震が投資家心理を大きく冷やしたようである。きのうの朝には、私の住んでいる栃木でも震度3の比較的大きな揺れがあり、ベッドから飛び起きた。東京でも震度2の揺れがあったそうだが、肝を冷やした投資家がさぞ多かったことだろう。おまけに、夜の9時から放送されたNHKスペシャル「MEGAQUAKE」で、恐怖心が煽られた気がする。

今日の日経平均は220円安まで急落したあと、午後2時40分くらいには100円安くらいまで急速に戻していた。しかし、引け際10分で再び100円近く押し戻されてしまった。結局、208円安とほぼ安値圏で引けることになったが、今日で北朝鮮問題はいったん材料出尽くしになりそうだ。

地震のほうは、まだとても織り込まれたとは言えないが、余震の規模がそれほど大きくならなければ、徐々に安心感が広がっていくと思われる。蛇足だが、いま店頭に並んでいる写真週刊誌「FRIDAY」に私の記事が出ているので、ご参考まで。

地震については、確かに信用取引をされている方は、維持率を50%以上に引き上げるとか、担保の現金比率を増やすとか、同じ銘柄の2階建ては極力避けるとか、日経225ミニを空売りしておく、といった対策をとって、もしもの時に備える必要があるだろう。

しかし、現物でやっている人は、こういう時こそ押し目買いのチャンスである。信用で買っている人は、あわてて投げ売りする人も多いので、こういう時ではないとバーゲン・ハンティングは難しい。2年前の東日本大震災の翌日から、外国人投資家は日本株を買いまくって、結局、3月1カ月で1兆4000億円買い越した。今回のアベノミクス相場で、外国人投資家は12月に1兆5000億円、さらに3月にも1兆6000億円買い越してはいるが、あの日本中がパニックに見舞われた3月に、この超強気相場と同じぐらい買い越したわけだから、彼らの投資戦略は大したものである。

今日の相場で私が感心したのは、含み資産株の底堅さと、配当利回りが高い銘柄は前日比プラスで引ける銘柄が多かったことである。含み資産株では、東京都競馬が2円安、よみうりランドが5円安、東京機械が7円安など、いずれも小幅安で終わった。これまでの日経平均急落局面では、こうした含み資産株は短期間で急騰したこともあって、大幅安になりやすかったのだが、押し目買いがかなりの規模で入っていて、売り板よりも買い板の方が明らかに厚かった。

為替が大きく円高に振れている関係で、北朝鮮のミサイル発射リスクは大幅に低下したものの、輸出関連株の売りが継続すると予想されるので、日経平均は明日以降もそれほどの急反発は期待できそうもない。含み資産株やノンバンクの押し目は引き続き狙い目だが、目先は安全運転を心掛けていただきたい。

日銀の異次元緩和の猛威 PART2
2013 年 4 月 12 日 金曜日 by ヤマモト
北朝鮮のミサイル騒動のせいで、異次元緩和の発信地である日本株の値上がりに勢いがなく、むしろ米国株の方が勢いよく上がっている。しかし、そのミサイルの悪材料も15日の金日成生誕記念日までとの見方が有力で、16日以降は株式市場を覆っていた暗雲が晴れると見ていいだろう。

一方で、気になるのが、来週後半から決算発表シーズンが始まることだ。これと5月の連休が合わせ技で「ゴールデンウィーク危機」を誘発しやすいのだが、今年は「ゴールデンウィーク・ラリー」になるような気がしてきた。

というのも、北朝鮮のミサイル騒動が幸いして、日本の投資家だけでなく、世界の投資家が日本株の買いを、この1週間かなり手控えてきた。逆に、“もしも”に備えた機関投資家やヘッジファンドなどのヘッジ売りが相当入っていたようで、来週火曜日からはヘッジ外しの買いも見込まれる。

前回書いたように、マネタリーベースをわずか2年間で2倍の270兆円にするということは、本当にとんでもないことで、日経平均が1000円上がったくらいではとても織り込めるようなちんけな材料ではないのだ。私は日経新聞など日本の大手紙を読んでいないので、どういう解説がなされているか知らないが、ベースマネーを2年間で132兆円新たに供給するということは、巡り巡って1000兆円前後の信用創造につながる。
 
そのメカニズムは「信用創造」とネットでググれば、理解できると思うので、ここでは省く。読者のみなさんも100万円現金を持っていれば、信用取引で330万円の株が買えるし、マンションであれば100万円の頭金があれば、まあ1,000万円超のワンルームマンションは買えると思う。FXであれば2500万円の外貨が先物で買えるように、132兆円を日銀が市場にばらまくと、まあだいたい10倍くらいに膨らんで運用されるのである。銀行だって、わずか8〜10%の自己資本で営業しているのだ。

だとすると、その1000兆円のうち、わずか数パーセントでも株式市場に入ってくると、株価は暴騰する。05年は外国人投資家が日本株を10兆円強買い越したたけで、日経平均は40%も上がったのだ。そう考えると、私がこれまで再三「ゴールデンウィーク危機に注意しろ」と警告していたのを、「ゴールデンウィーク・ラリーになるかも」と宗旨替えした意味がわかるだろう。

というわけで、やはり、異次元緩和で最も恩恵を受けるのは、含み資産株という結論になる。もちろん、アベノミクスの最大の受益者は金融業界、とりわけノンバンク(その他金融)だと私は思っているので、Jトラスト(8508)やNECキャピタルソリューション(8793)以下、このセクターの押し目は買い下がりでいいと考えている。

帰ってきた外人投資家
きのうの黒田新体制の日銀政策決定会合で、まさかの大規模緩和が敢行され、日経平均株価はきのうの前場安値(1万2075円)から、深夜の先物取引の高値(1万3240円)まで実に1135円もの上昇になった。これには私も驚いたが、問題はこの黒田効果が、ゴールデンウィーク危機を払しょくできるかどうかである。

私は以前から、ゴールデンウィーク前後に大きな調整があると予想してきた。昨年11月以来、日本の株式相場はほぼ一本調子で上昇を続け、調整らしい調整がいまだに1度も起こっていないからだ。

もちろん、4月1日や2日、そしてきのうの朝もそれなりに大きな下げだったし、2月15日もケネディクスの急落をきっかけに不動産株が急落するなど、それなりの値幅調整は確かにあった。しかし、日柄調整といわれる時間軸の下げがほとんどない、スピード調整ばかりなのだ。

今日、商社や非鉄、鉄鋼など資源エネルギー株は急騰して始まったあと、下落して、結局、値下がりして終わる銘柄が多かった。このセクターの主力株は今日、年初来安値の銘柄が非常に多い。上海総合株価指数もおととい、年初来安値をつけているから、中国経済の影響が大きいこのセクターが安いのも致し方ない。

しかし、これまで5カ月近く調整らしい調整がなかったことを踏まえると、あまり日銀の大規模緩和ばかりに目を奪われているのも危険である。確かに、私が重点的に推奨しているノンバンクと不動産流動化関連、含み資産株は今日、新値をつけたものが多い。こちらはチャート面でも上値追いが続くパターンに見える。

要は、あまり楽観的にならずに、ゴールデンウィーク危機を警戒しつつ、材料のある株を個別物色していくのがよさそうである。ひきつづき、Jトラスト(8508)やNECキャピタルソリューション(8793)、イー・ギャランティ(8771)、アイフル(8515)、ジャックス(8584)、東京ドーム(9681)、東京機械製作所(6335)など、強力な材料を持つ銘柄群に注目している
日銀の異次元緩和の猛威
日銀の異次元緩和については、もはや熱狂は終わって、株式相場も為替相場も反動安を懸念する専門家が多い。中には「株価もドルもいったん天井を打った」などと戯言をいう脳天気な人もいるが、こんなもので異次元緩和を織り込んだと思うのは大間違いだ。

確かに、株も為替も、急騰後の利食い局面に差し掛かっているのは間違いない。株も円も、だいたい4〜5年ぶりの高値・安値水準に達したわけで、利食いが出るのは当然である。しかし、日銀が2年間でマネタリーベースを2倍の270兆円に拡大するという金融革命にも近い量的緩和を宣言した以上、それをわずか数日で相場が織り込むと思う方がどうかしている。

今日は売買代金上位にメガバンク3行や野村ホールディングス、トヨタ自動車、キヤノン、三菱地所、三井不動産、三菱商事など主力株が名を連ねた。外国人なのか国内投資家なのかは不明だが、大口の機関投資家の買いが入ってきているのは間違いない。

そんな中で、今日は任天堂(7974)が急伸したのが気になる。株価は1240円高の1万1840円(東証終値、メインは大証)と2桁の値上がり率になった。上場企業の中で任天堂は円安メリットが最大級の銘柄であり、それを見越した買いが入ったと考えるのが自然だろう。

引き続き、NECキャピタル(8793)やアイフル(8515)、Jトラスト(8508)などを大化け候補として見ているが、この任天堂やファナック(6954)、キヤノン(7751)なども投資妙味が増しているように思う。