L
株式、10月中1万1000〜1万3500円
株式、10月中1万1000〜1万3500円,
日経平均株価は10月中、1万1000円から1万3500円の間で動くレンジ相場になるとみている。9月末は機関投資家や事業法人のお化粧買いで3月期末の1万2525円を上回る可能性がある。ただ株式市場の先行き不安はぬぐえない。10月に公表する9月の日銀の企業短期経済観測調査(短観)や9月の米雇用統計などの経済指標、企業の決算発表の内容に一喜一憂する相場が続くだろう。
今週の見通し・株式 年初来安値を試す場面も
今週(16―19日)の株式相場は波乱含みの展開か。最大の注目材料は経営不振にあえぐ米証券大手リーマン・ブラザーズの再建問題。不安が沈静化せず迷走が続くようだと日経平均株価が3月につけた年初来の安値(1万1787円)を割り込む場面もありそうだ。原油の先高観が後退するなかで日米欧の金融政策にも関心が高く、金融緩和ムードが高まれば相場は反発する可能性もある。

 先週は米政府による住宅公社の公的管理を好感し週初は上昇したものの、世界経済の減速懸念は根強く景気敏感株には売りが継続。日経平均は前の週末と同水準で取引を終えた。

 今週の焦点は米国の金融不安問題。米リーマンの経営不安が解消に向かえば「日本株も買い戻し中心に反発が見込める」(ジェフリーズ証券の大川治マネージングディレクター)。ただゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーの決算発表を控え、「リーマン問題が解決しても他の金融機関の経営不振が残る」(クレディ・スイス証券の白川浩道チーフ・エコノミスト)と警戒する声もある。

 国内では自民党総裁選が佳境に入る。株式市場も新しい政権へのシナリオを模索する時期となるが、「政局の行方を見守りたいとして買い手控え要因にはなる公算が大きい」(岡三証券の森本敏喜トレーディング・マネジャー)。

 薄商いが予想されるなかで市場が警戒するのが株価指数先物の値動きだ。「日経平均が1万2000円といった心理的な節目に接近すると、上期の決算期末を控えた機関投資家からヘッジ売りが出やすくなる」(SMBCフレンド証券投資情報部の松野利彦次長)。先物主導で相場の下げが進む可能性もありそうだ。

 今週は16日に日銀の政策決定会合、米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれる。世界的な景気減速感が強まる一方、原油先物が先週末に一時1バレル100ドルを割り込むなどインフレ懸念が後退しており、「利下げの方向が見えれば相場に追い風になる」(外資系証券)との声もある。


[9月14日/日本経済新聞 朝刊]


(9/14 7:00)
更新:15日 17:32


今週の見通し・株式 年初来安値を試す場面も (9/14 7:00)
今週の見通し・為替 円、強含みの展開続く (9/14 7:00)
今週の見通し・NY株 金融株の動き焦点 (9/14 7:00)
アジア株下落 台湾株4超%下げ (9/15 13:24)
東証大引け・4日ぶり反発――リーマン身売り観測で銀行株買い戻し (9/12 15:22)
バンカメとバークレイズ、リーマン買収交渉から撤退か 米報道 (9/15 7:27)
欧米主要金融、リーマン向けデリバティブ取引を整理 破綻申請に備え (9/15 7:51)
企業年金の運用利回り、07年度はマイナス10%超 (9/15 7:00)
米国株、ダウ平均11ドル安――リーマン売却巡り下げ渋り、AIGは30%急落 (9/13 6:36)
<米国・時間外>リーマン、下げ幅拡大 財務省・FRB「身売り交渉斡旋」 (9/12 8:04)
<東証>りそなHDが一段高――自社株買い発表が引き続き支え (9/12 15:14)
SEC、リーマンの顧客資産保護へ主要国当局と連携 (9/15 12:20)
リーマン、破産法申請へ バンカメはメリル買収で合意 (9/15 14:35)
バンカメとメリル、合併交渉入りか 米紙報道 (9/15 7:17)
米大手金融10社、共同で700億ドルのファンド設立 資金繰り相互支援 (9/15 11:43)
バンカメとメリル、合併合意 米紙報道 (9/15 11:01)
米リーマン、破産法適用申請へ バンカメはメリルを救済合併 (9/15 17:08)
NTN、岡山に車用軸受けの新工場 150億円投資 (9/15 7:00)
米住宅公社対象の信用デリバティブ、前倒し清算で巨額損失も (9/13 10:30)
米リーマン、破産法適用申請へ バンカメはメリルを救済合併 (9/15 16:03)
インド株大幅下落 下げ幅5%超 (9/15 17:06)
リーマン破綻 金融不安、収束には時間も (9/15 14:09)
バンカメ、メリル買収を発表 総額500億ドル (9/15 14:43)
NY円、反落 107円90銭―108円00銭 (9/13 11:00)
AIGが事業売却、増資も計画 (9/15 9:27)
キヤノン、今期9期ぶり減益に 最高益予想から一転 (9/13 9:03)
日産ディとボルボ、低公害トラック開発 (9/15 7:00)
米FRB、市場への資金供給制度拡充 担保拡大など (9/15 11:22)
フルスピードの前期、純利益75%増 (9/13 7:00)
11日の逆日歩 (9/12 19:00)


銘柄ランキング
投資信託ランキング

FX特集、為替市場の現状と展望 FXに必須の「ドルインデックス」とは≫
年利率14.9%AAAトルコ・リラ建債券販売中=エイチ・エス証券=詳細はこちら
資産価値を守るなら→リスクと時間を味方に■アンケート実施中■横浜銀行
加藤夏希×エース交易★「エースでねらえ!FX」いよいよサービススタート
ライフイベント別に選び方を見てみよう、教えてFP! NIKKEI NET 医療保険
注目の情報[PR]
いますぐ!「株券探し」!
「もしかするとうちの実家に株券があったかも」、「我が社の金庫にも眠った株券が」株券電子化のスタートはすぐ目の前です。タダの紙切れにしないために。いますぐ探そう「タンス株」

株券電子化特集はこちら>>