L
東証10時・買い意欲乏しく、伸び悩み――大手銀行株が下げる
 31日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は伸び悩み。1万3400円を挟んでの推移となっている。前日の米株高を好感した買いは朝方で早々に一巡したようで、その後は動意に乏しい展開。買い意欲に乏しい中で戻り待ちの売りが上値を抑えており、上げ幅を約20円まで縮小する場面もあった。東証株価指数(TOPIX)も伸び悩んでおり、一時は小幅ながら下げに転じた。

 前日に決算を発表した銘柄が個別に反応している程度で、目立った動きは特に出ていない。自動車やハイテクなど業種内でも個別は高安まちまちとなっており、物色の柱が見当たらない状況という。発表が本格化している4―6月期決算の内容を見極めたいとの雰囲気のほか、米景気や金融問題の先行きもなお不透明とあって、積極的な売買を見送っている投資家が多いようだ。大手銀行株が朝高後下げに転じており、投資家心理を冷やしているとの声が聞かれる。

 10時現在の東証1部の売買代金は概算で6401億円、売買高は5億4255万株。東証1部の値上がり銘柄数は1021、値下がり銘柄数は565、変わらずは125となっている。〔
昨日は山本伸先生の懇親会沢山の参加ありがとうございました。
昨日は先生曰く、8月の中旬までは動かないでね、といっておりましたので皆さん気をつけて歩きましょう。
アメリカの景気は解りませんまだ問題がたくさんありますが世界恐慌は何とか避けられそうですね。
連絡を密にお願いいたします。
ハイテク決算嫌気しナスダック下落、ダウは上昇
 [ニューヨーク 18日 ロイター] 米国株式市場でハイテク株が下落。前日のグーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)やマイクロソフト(MSFT.O: 株価, 企業情報, レポート)のさえない決算を嫌気した。一方、米シティグループ(C.N: 株価, 企業情報, レポート)の底堅い決算でダウ平均は上昇した。

 ダウ工業株30種は49.91ドル(0.44%)高の1万1496.57ドル。

 ナスダック総合指数は29.52ポイント(1.28%)安の2282.78。

 S&P総合500種指数は0.36ポイント(0.03%)高の1260.68。

 週間では、ダウが3.5%高と3カ月ぶりの好成績。S&Pは1.7%高、ナスダックは1.9%高。

 グーグル決算は35%増益となったものの予想を下回り、マイクロソフト決算も増益ながら市場予想に届かなかった。グーグルは約9.8%安と、2004年の上場以降で最大の落ち込み。マイクロソフトも6%下落した。予想以上の赤字となったアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)(AMD.N: 株価, 企業情報, レポート)は12.3%安。

山本伸先生の囲む会、 明日の株価は?開催のご案内いたします
来る7月27日後楽園ホテル内に於いて納涼会を4時から開催されます、今回は人数に制限がありますが自由に参加できますので、ふるって参加申し込みくださいませ、男性は6000円、女性は5500円ですメールのみの問い合わせとさせて頂きますのでご了解くださいませ。
最終申込日7月14日までです。
世界の株式は割安、悪いニュースは織り込み済み=シティグループ
 [シンガポール 4日 ロイター] 米シティグループの株式ストラテジストは、4日公表されたリサーチノート(2日付)の中で、世界の株式は、今年上期に大幅下落しており、歴史的な基準からすると、特にその他の資産と比べて割安となっているとの見解を示した。

 ストラテジストは「悪いニュースの大半が既に織り込まれているようだ」との見方を示している。

 リサーチノートは「懸念事項が増加したことが、投資家の警戒姿勢の継続につながった」と指摘。「最大の懸念要因としては、金融機関の資金不足や利益に対するリスク、インフレの加速や金利の上昇などが挙げられる」としている。

 世界の株式市場の指標となっているモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)ワールド・インデックスは今月に入って約2%下落。上期には12%下落した。

 シティは、世界の株式市場の株価収益率は現在、14.3%で、過去10年に見られた平均水準と比べて低く、1990年代の平均も下回っていると指摘。「最近の株式市場の調整で、株価収益率は現在、80年代の平均をやや上回る水準となっている。株式は、債券と比べて、70年代と同じくらい割安だ」としている。